忍者ブログ
HOME
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
1

2017 .10.21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マキタVC3200価格比較

続いて、マキタ集じん機(掃除機)VC3200の商品の詳細情報をご案内します。

マキタのVC3200の一番特徴的なところは、
内部に2つのフィルターがあり、
その二つにエアーを交互に
逆流させることが出来ます。

エアーを逆流させることで
自動でチリ落としをします。

また、10秒に一度の割合で運転中にエアーを
逆流することが出来ます。

掃除をしながら、
フィルタ自体は交互に自動的にチリを
払うように作られています。

掃除中は休むことなく
フィルタの面をキレイしまうので、
目詰まりすることもありません。

ゴミが一杯になり
掃除が出来なくなるまで、
最大吸い込み能力の80%から90%の
集じん力を維持します。

続きはコチラ  マキタVC3200価格比較

PR
コチラ  マキタVC3200価格比較

続いて、マキタ集じん機(掃除機)VC3200の
とても役に立つ機能について
ご案内していくようにします。


マキタの集じん機(掃除機)VC3200は、
本体にマルチフックというものがあります。

そのマルチフックの働きは、
ホースをまとめてかけるように作られています。

収納の時大活躍します。

取り扱いの少々面倒なホースやコード類などは、
背面のマルチフックに上手に束ねて
しまっておくように設計されています。


また、マキタの集じん機(掃除機)VC3200は、
乾湿両用の掃除機として活躍の機会は多いですが、
水の吸い込みに使う場合には、
27リットル以上の水を吸い込んだ場合には、
モーターが自動で止まり
集じんが出来なくなるようになっています。

掃除機の内部に水位センサーが付いていて、
吸い込んだ水が溢れてしまわないように
作りこまれています。


続きはコチラ  マキタVC3200価格比較


コチラ  マキタVC3200価格比較

マキタ集じん機(掃除機)VC3200の300W吸込仕事率のご紹介です。

まず、掃除機のカタログなどでよく何Wという単位が使われています。

どれだけ多くのゴミを早く吸い取れるかを
表している数値になります。

日本国内ではカタログもすべて何Wという表記がされています。

Wというのは、「モーターの力」表現しているものです。

数値が大きくなれば、それに比例して吸引力も強くなります。

ただし、あくまでも日本国内の独自の規格(日本工業規格:JIS)になります。

そのため外国製の掃除機には掲載されていないのが普通ですね。


まあ、掃除機の能力の一つの目安として考えればいいでしょう。

また、300Wというのは、とても強力な掃除機になります。

これだけ強力ならば、吸引力に心配はないでしょう。

続きはコチラ  マキタVC3200価格比較


マキタVC3200

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31